2021年の手術についての報告

2021年は手術室にて601件 の手術を施行させていただきました。全例院長である新井の執刀で行わせていただいております。

内訳は下記のとおりです。

内眼手術    394件 (白内障、硝子体手術など)

外眼部手術   207件 (眼瞼下垂、翼状片、内反症、眼瞼腫瘍、霰粒腫、涙道手術など)

白内障・硝子体手術に関しては重症例や構造上脆弱な部分がある症例など多種多少でしたが、

全例後嚢破損・レンズ挿入不可などのトラブルもなく無事終了できました。

優秀なスタッフのサポートもあり、このような良い結果が残せたと思います。

今後も安全丁寧な手術の維持を心がけスタッフ一同誠心誠意頑張って参ります。